数年前の話になりますが、自動車の買い替えをしようとし

数年前の話になりますが、自動車の買い替えをしようとし

数年前の話になりますが、自動車の買い替えをしようとした際、より高い価格で買い取ってもらえる会社を調べていたことがあります。

その当時は、情報を集める手段としてインターネットで車の買取価格を詳しく調べた上で、車一括買取サイトに依頼を行いました。

想像していたよりも安い金額の提示が多かったのですが、中古車の査定相場は時期によってもやや異なるようです。

車査定では走行距離をまずチェックされますが、距離が長くなるほどマイナス要因となります。おおむね、10万キロを超えると、高く売れるはずの高級車でも査定価格ゼロの可能性を考えて良いです。

同じ車で走行距離が変わらなければ、乗った期間が短い方が低い査定となります。
短期間でより多くの距離を走ったと扱われてしまうためです。以前、知人の使用済み車販売業者の方に、12年使用した車を査定してもらいました。


廃車寸前だと言うので、価値があるのかどうか不安でしたが、3万円で下取りしてくれるということでした。

あとで、その車は修理を経て代車などのように生まれ変わるそうです。


一社や二社ではなくて複数の中古車買取店舗に買取査定を依頼してから売る店を絞り込んでいくのが、できるだけ高値で車を売る秘訣と言えますね。



複数の業者に同時刻に見積もりに来てもらうよう手配して、査定額を競争させるというのも有益な手段となるでしょう。価格競争させるのはマナー違反ではなくて結構良くあることですから、何も心配するようなことはないのです。また、契約を取り交わす時には取り交わす契約書の全文を熟読することも必要です。

自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも売ろうと思えば車を売れないこともありません。
もっとも、車検証の所有者が売主である場合に限られます。車検証を確認して、まだ名義がローン会社になっている時は、完全にローンを返し切るまでは所有者名を変更することはできません。要するに、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。但し、ローン会社から承認を取り付ければ、車の売却益を返済に充当するという条件つきで売ることができます。査定前にできることとしてタイヤの摩耗などによって買取額アップの交渉をすることもできるのでタイヤは摩耗していない方が得なのですが、もし古いタイヤだったとしても新しいタイヤに替える必要はありません。



交換のコストは査定額アップに見合いません。


スタッドレスタイヤ、もしくは、社外アルミホイールに交換していたら、ネットなどのオークションで売るようにすると高値がつくことが多いようです。実際に車を買い換える時には、いくつか選択肢があります。けれど私の場合、少しでも得をしたい気持ちもあって、下取りに出さず、買取業者の査定を受けて、買い取ってもらうようにしています。利用方法が簡単だということもあります。
パソコンかスマホで一括査定サイトの画面を出し、そこで車種などの売りたい車の情報や、個人のいくつかの情報を書きこんで登録をすると、買い取り業者の方から、電話でコンタクトをとってきます。



少なくとも四つか五つ程の会社から、反応を得られることが多いです。


電話がきたらその時、大体自分の車がいくらで売れるものなのか、相場を聞きます。値段がわかったら、金額の良い2、3社を候補に残しておいて、それ以外の業者については、そこでもう断りの電話を入れるようにしています。

自分が車の所有車になっているということは、使用頻度が極端に少なくても維持費は同様にかかります。車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、更に任意の自動車保険費用もかかります。

更にいうと、駐車場付きの持ち家でなければ、パーキング代も余計にかかるのです。

自動車を売ろうか売らないか思案中の人は、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのか充分に検討してみれば、どのようにすべきかという結論が出やすいでしょう。

去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買換えを検討し、買取査定してもらったことがあります。インターネットの査定サイトで一括査定をお願いし、業者の中で一番高く買い取ってくれた専門業者の人が教えてくれたのですが、買取の時期によって、査定額が変わるそうなんです。私の場合、買い取ってもらった日産エクストレイルがアウトドアを好む人からの需要が高まる夏に売れるそうです。ですので、高く売ろうとするなら、春から梅雨の時期に買い取ってもらうのが良いようなので、また車を買い取ってもらう時は季節を意識しようと思っています。事故車、と名づけられている車は文字通り事故で壊れた車のことです。正しく修理されていれば事故を起こした車がどれなのか普通の人にはまずわかりません。



事故車かどうか問題にしない方ならどうでもいいことですが、どうしても不安があるという人は中古車を買う時にはよく調べることが必要です。中古車の査定額については業者による金額の違いが割と大きい場合があります。

安く買い叩かれて意に沿わない取引になってしまわないように、業者をあわてて決めずに見積もりをいくつもの業者から出してもらうようにします。

しかし、そうやって手に入れた見積もりの額と買取業者が車を調べて出してくる査定額とは差があるのが普通ですので、少し気を付けておいた方がいいです。時々、高額の見積もりを出して客を誘い、相場と比べて相当お安い査定額を出してくるような悪い業者も存在します。
車の買取査定してもらうときに査定額を高くしようと車検切れした車を車検に通してから査定に出そうとする人も多くいます。



車買取業者では自社の工場で車検を通している業者が多いので、わずかばかり、上がった査定の額より結局、自分でやった車検の金額の方がかかってしまうのです。

そう考えても、車検が間近に迫った際でも、そのまま査定を受けた方がいいということですね。

何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。当然ですが車検切れの車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。かといって、車検が一年も残っていない状態では査定価格アップをそれほど期待できません。



そうはいっても、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。
車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。当然ですが、車の査定の時は走行した距離の短い方が高い査定額となります。


走行距離が多い程に車が悪くなってしまうからです。



とは言っても、走行距離メーターに何か細工を加えるとサギですから、走行してしまった分は仕方がありません。



次の車からは、売る時のことまで頭に入れておいて余計な距離を走らない方が良いでしょう。すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。

それは、普通自動車(軽自動車は含まない)を売らずに廃車にすると戻って来ます。


廃車にするのが軽自動車だったときには、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、残っている税金分をプラスして買い取りしてくれる店舗もあるのです。いくら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。


売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。